由紀さん

day
Apr 14, 2019

中学高校大学の先輩でありお友達でもある何必館・京都現代美術館キュレーターのキュートなキュートな(キュが多い…)梶川由紀さんが個展に来てくださり、婦人画報ウェブサイト内の「きょうとじんのひとりごと」という由紀さんのページに心のこもった記事を書いてくださいました。由紀さんの手でもって表現されるとこんなにも素敵になるものかと感服いたしました。

由紀さんの「ひとりごと」には、由紀さん目線でとらえられた美しくさりげない世界が綴られています。由紀さんらしい静謐さが漂っていて本当に素敵なのです。

Opening~dinner

exhibition
Apr 13, 2019

搬入〜オープニングまで。
オープニングビュッフェは、写真を撮ることも忘れるバタバタさ。気がつくと人でいっぱいに。ご来場いただいた方々本当にありがとうございました。
『figure』の撮影をしてくださったその浅野豪さん、素晴らしい音楽を作ってくださった青木孝允さんも来てくださいました。
そして木地師の西村直木さんと漆屋さんの堤卓也くん!創作を支えていただいている方々にもお祝いしていただけて本当に嬉しかったです。

20日は闇夜のお茶会です。すでに定員超過の予約をいただいておりますが、お茶菓子を作っていただく鍵甚の店主自ら待ち合いのカウンターに入って香煎を提供してくださりこの日の闇夜のお菓子についてお客様とお話しするという趣向もあるそうです。

オノマトペ×漆

漆まわり
Apr 13, 2019

無事個展がオープンできたので次へ進む。楽しみにしていた電気通信大学の坂本真樹教授との打ち合わせです。初めて行った電気通信大学は理系バリバリの雰囲気でキャンパス内は男性率90パーセントでしたが、坂本先生の周囲だけは一点パーっと華やかで明るい空間なのでした。

坂本先生の華麗な経歴とメディアでのご活躍ぶりに最初はちょっと臆していたのですが、オノマトペによる質感研究を理系からのアプローチで進められているとのことで、お話を伺うとどれもこれも本当に興味深かったです。それにしても心理学、AI、感性工学、認知科学など多領域を行き来されつつ進んでいかれる力強い知性に感服でした。
オノマトペ×漆で何を生み出せるでしょうか。すごくわくわくします!

坂本先生のwebsite